パウダーファンデーションの正しい塗り方

一番最初に使ったファンデーションは

パウダーファンデーションだったという人の数は結構多いでしょう。
ミラーの付いた割りとお洒落だったり可愛かったりするコンパクトにスポンジも入っていて、見た目がまずかわいいです。
そして、持ち運びも便利です。
更に、手も汚さないで塗る事が出来るので、とても使いやすいです。

しかし、このファンデーションを正しい塗り方で塗っているという自信のある人は意外と多くないでしょう。
何となくいつも鏡を見ながら顔全体に万遍なく塗って、それで満足してしまっている人が多そうです。
しかし、それですと、もっと綺麗になれるチャンスを逃しているかもしれません。
まず、ファンデーションを塗る前に、ちゃんとメイクアップベースを塗りましょう。

これを塗る事で、肌のでこぼこが少なくなり、そしてファンデーションが綺麗に濡れます。
この下地を付ける事によって、ファンデーションがよく伸びるので、塗る量が少なくて済みます。

次に塗り方ですが、コンシーラーでシミなどを隠したい人はこの段階でぬりましょう。
そして、ファンデーションは顔の中心から外側に向けて、薄く塗っていきましょう。
肌の上で、スポンジを押しつけて伸ばしたりしないようにしましょう。
軽く、スポンジでファンデーションをおさえていく感じで塗ったほうが綺麗に仕上がります。

特に、肌が荒れていて、かさかさの状態になっていたりする場合はこの押さえていく感じの塗り方が効果的です。
で、目の下やほうれい線など、大きいしわ、深いしわのあるところにはあまり濃く塗らないようにしましょう。

時間が経つと、このしわの部分にファンデが寄ってしまいます。
すると、しわが目立ってしまいます。
で、塗り終わったら、自分の手を温めて、その手で、顔を軽く押さましょう。
ファンデが落ち着きます。
その後、ルースパウダーを塗る人は軽く塗ればおしまいです。



美白に気を付けるあなたには、ビーグレンがおススメです>>
ビーグレンなび〜クチコミ、効果、評判、使い方